資金不足のために青春時代のアメリカンテレキャスターを売却

数年前に家賃が払えなくなって、バンド時代に使っていたアメリカンテレキャスターを二本売却しました。一本はアメリカンヴィンテージテレキャスター52という型番で、2001年製の定価220000円のバタースコッチブロンドのものでした。もう一本はアメリカンスタンダードテレキャスターの2005年製の定価138000円のナチュラルブロンドのものでした。最初は楽器屋さんで査定してもらったのですが、アメリカンヴィンテージの方が50000円、アメリカンスタンダードの方が30000円と言われ、あまりにも安すぎて話にならないと、半ば怒り気味に帰宅しました。

 

とはいえ楽器を捌く方法も分からないので、友達にでも売ろうかと考えて友人に相談すると、ヤフーオークションだったらほとんどの物は相場で売れると教えてもらいました。なるほど、仲介業者を省くことで買い手も売り手も両者両得なのですね。なので、早速ヤフーのアカウントを作るところから作業を始め、自分で写真も撮って説明文もできるだけ丁寧に書きました。価格よりも大切に使っていただける方に渡って欲しかったので、その旨も記述しました。その甲斐あって、見事両方落札されました。

 

アメリカンヴィンテージは90000円。アメリカンスタンダードは60000円。楽器屋さんに売るより、ヤフーオークションの方が絶対高く売れるのでオススメですよ。

 

もし売る相手が居なければ買取業者に直接持ち込む、のも悪くはありません。値段はいかほどになるか不明ですが確実に処分はできるとは思います。どうしても要らないものであれば煩わしい個人とのやり取りが無い業者というのも選択肢に入れておいてください。→おすすめの楽器買取サービスを探す