初心者向け楽器購入&売却の手引き

初心者向け楽器購入&売却の手引き - 体験談より

楽器の購入と売却で気をつけたいポイント

このサイトでは楽器購入のポイントや、売却するときに高く売れる方法などもお伝えしていきたいと思います。

 

それぞれの楽器の購入体験談や、売却体験談をご覧いただき、そのコツを汲み取っていただければ幸いです。

私が両親に頼み込んでピアノを購入してもらったのは10年程前のことです。木目調の、wが付く型番のこのピアノは専用の布で磨くと木の油が出て、使えば使うほど味が出る。と購入時に売り子さんに言われたことは10年経った今でも鮮明に覚えています。小学5年生で習い始めたピアノは結局1年で止めてしまいました。ピアノもほとんど触らなくなり、調律も購入時に一度やってもらっただけで、その後は10年間一度も調律をしていませんでした。そんな理由もあり、悩んだ末にCMでよく見るタケモトピアノさんに買取りをしてもらうことにしました。調律カードがなかったけれど、電話で見た目やペダルの数、傷の有無、ピアノ内部のフェルトの虫食いの有無等を伝え、7万円で引き取ってくれることに。指定した日にちに運送業者が来てピアノの状態に嘘偽りがないかをチェック。問題もなく無事売却することができました。金額を聞く前は1万円行くかどうかと考えていたのに、まさか7万円で売れるとは思っていなかったのでこの価格には大満足でした。使用されないまま放置されるよりも、欲しい人の手に安く渡り使用される方が、ピアノにとってもいいのかなと思います。ちなみに事前の電話で報告したピアノの状態と、実際の状態が違うと運送業者が来ても回収してもらえないそうなので、傷などあれば正直に申告することをオススメします。

数年前に家賃が払えなくなって、バンド時代に使っていたアメリカンテレキャスターを二本売却しました。一本はアメリカンヴィンテージテレキャスター52という型番で、2001年製の定価220000円のバタースコッチブロンドのものでした。もう一本はアメリカンスタンダードテレキャスターの2005年製の定価138000円のナチュラルブロンドのものでした。最初は楽器屋さんで査定してもらったのですが、アメリカンヴィンテージの方が50000円、アメリカンスタンダードの方が30000円と言われ、あまりにも安すぎて話にならないと、半ば怒り気味に帰宅しました。

 

とはいえ楽器を捌く方法も分からないので、友達にでも売ろうかと考えて友人に相談すると、ヤフーオークションだったらほとんどの物は相場で売れると教えてもらいました。なるほど、仲介業者を省くことで買い手も売り手も両者両得なのですね。なので、早速ヤフーのアカウントを作るところから作業を始め、自分で写真も撮って説明文もできるだけ丁寧に書きました。価格よりも大切に使っていただける方に渡って欲しかったので、その旨も記述しました。その甲斐あって、見事両方落札されました。

 

アメリカンヴィンテージは90000円。アメリカンスタンダードは60000円。楽器屋さんに売るより、ヤフーオークションの方が絶対高く売れるのでオススメですよ。

 

もし売る相手が居なければ買取業者に直接持ち込む、のも悪くはありません。値段はいかほどになるか不明ですが確実に処分はできるとは思います。どうしても要らないものであれば煩わしい個人とのやり取りが無い業者というのも選択肢に入れておいてください。→おすすめの楽器買取サービスを探す

子供のレッスン用にヤマハのグランドピアノを購入したため、家に置いてあったアップライトピアノを売りました。高さ120cmのU1A、1980年代後半に作られたものです。高さ130pのものに比べると音の伸びが悪く迫力にかけるかも知れませんが、自宅のすみに置くのには最適なサイズでした。

 

ピアノは配送量が安くないため、買い取り業者は近所にあるところに絞りこみ、その中から2店に問い合わせのメールを送りました。するとてっきり自宅に査定に来てくれるのかと思いきや、ピアノのメーカーや型番、キズの有無、音が全て出るか等質問に答えれば買い取り金額お伝えできるとの回答でした。ピアノの買い取り金額はそのメーカーと型番で7〜8割決まるそうで、特に出張査定は必要ないという事実にビックリしました。ちなみにどちらの業者でも似たようなお返事を頂き、メールにて金額を出してもらえました。

 

金額は1社が8万円、もう1社が8万5千円でした。5千円の差でも高いのには変わりないことと、後者の業者では今からならいつ頃配送業者の手配が出来るなど親切に書かれていたためこちらでお願いしました。

 

配送当日は特に用意するものはなく、配送業者の方がピアノの型番だけチェックすると、大きな布で梱包を始めあっという間に運んでくれました。1階リビング横にあったためよりスムーズに済んだのだと思います。

ハーモニカなんて、小学校の一二年生のころに必須だった記憶があるくらいで全く興味がありませんでした。当時から下手ではありませんでしたけれども、ハーモニカの音が美しいと感じたことなんて一度もなかったのです。しょうもない楽器だという思いがありました。

 

しかし、幼稚園の教育講演会でモリケン先生が奏でるハーモニカの響きを聞いて非常に驚きました。とても美しい響きで、天にまで上るような心地がその会場には漂っていました。たかがハーモニカ、と考えていましたけれども、その小さな楽器でこれほどの美しい音色を奏でられるとは信じられないほどの驚きでした。しかも、楽曲は簡単な童謡です。楽譜なんてなくてもできる簡単さなのです。モリケン先生の奏でるメロディーに目を閉じますと、とても美しい情景が目に浮かぶようです。

 

目を開けますと、普通のモリケン先生が奏でています。ずっと目を閉じていたい心地にもなるくらい心地よい演奏だったのです。かえって早速ハーモニカを購入しました。スズキのCコードのハーモニカで5000円弱の品物です。しかし、小学校のころに使っていました短調な音ではなく、美しい音色が響きます。小学校でハーモニカを習ってハーモニカに魅力を感じないという残念な事柄はありましたけれど、今大人になって、ハーモニカをすぐにふけるということはやはり小学校の先生のおかげなのでしょう。

 

DTM(デスクトップミュージック)という言葉をご存知でしょうか。これはパソコンを使って音楽を作る行為で、私はこれによって作られた楽曲を多く聴いていました。そこで、思ったのです。自分も、作曲をしてみたい!

 

そしてまず考えたのは、キーボードをパソコンに繋いで演奏し、音階を入力すること。と言うのは先の先の目標で、実際は鍵盤の位置を覚えてまともに弾けるようになるところからだったんですが、とにもかくにもキーボードを購入しました!

 

私が購入したのは、ヤマハのPORTATONE(ポータトーン)結局、打ち込みはパソコン上でした方が私の性分には合っていると思って、ただ演奏にしか使っていないのですが……

 

初心者が使うには十分すぎてもったいないほどの機能でした!まず音色数が多い。聞いたこともないような名前の楽器の音も収録されていて、とりあえず一通り鳴らす遊びなんてしました。あと、吹奏楽団経験者の叔父が言っていたのですが、音色が安っぽくなくて本物に近いとのこと。ちゃんとキーボードを弾ける人にやってもらうと、なるほど本当にその楽器がそこで演奏しているような感じでした。

 

そしてですね、面白かったのがDJみたいな音楽ができること。伴奏スタイルのひとつなんですが、この機能がなかったらDJ風なんてやってなかっただろうなと。色んな可能性を提示してくれて面白いです。宝の持ち腐れにならないよう頑張りたい一品でした!

 

私がこれまでに購入した事がある楽器はバイオリンでした。

 

それは何か特別な事があったという事でなくバイオリンを急にやりたいと思ったという思い付きで購入しました。ですから、バイオリンならどこで購入しても問題ないと思って気軽な気持ちで通販でバイオリンを購入しました。それで実際に通販でバイオリンを購入した感想ですが私が思っていた以上に通販でバイオリンのような物は購入しない方が良いと思いました。

 

確かに通販でバイオリンを購入したのでかなり安くバイオリンを購入できました。ですが、バイオリンみたいな繊細な楽器を購入しようと思った時に通販を使って購入したらバイオリンもかなり質が低い物を購入してしまう事になるのが素人目にも分かったからでした。ですから、私はバイオリンを通販で購入してみて安易にバイオリンを通販で購入するものではないと思いました。

 

ですが、いくら安い値段でバイオリンを購入してあまり質が良くないバイオリンでも買った以上は使わないと勿体ないと思ったのでバイオリンを使って練習しました。とりあえずこのバイオリンは練習用として使用しました。なので、練習用として使う分には安いバイオリンでも良いと私は思いました。

私がギターを買ったきっかけは、兄の結婚式でサプライズで弾き語りをするためです。普段、兄は遠くに住んでいるので会う機会があまりありませんが、小さい頃からずっと世話になってきたのでせめてものお礼にギターで兄と奥さんになる方の思い出の曲を弾き語りしてあげたいと思いました。

 

ギターに詳しい友人に聞いてみると、YAMAHAのF370というモデルのギターなら初心者でも弾きやすいのでおすすめだと教えてくれました。すぐにその友人の知り合いがやっている楽器屋に行って、ギターを買ってきました。

 

ギターの練習を友人から教わりながら頑張っていましたが、Fのコードという初心者が躓くコードで私は大苦戦しました。しかし、1ヶ月程ずっと練習を重ねているとコードを上手く押さえる事が出来るようになりました。そして、結婚式を迎えてギターで弾き語りをしたら大成功することが出来ました。兄と奥さんになる方は泣いて喜んでくれました。ギターを買って頑張って練習して本当に良かったです。そして、今ではギターが私の趣味になりました。本格的なギターを買うためにお金を貯めて、もっと沢山の曲を弾けるようになりたいと考えています。人の為に始めたギターがこんなに楽しいとは思いもしませんでした。

私は小さい頃から音楽が好きで様々な楽器を購入してきましたが、アコースティックギターを購入したことはありませんでした。エレキギターばかり弾いていた私が、アコギに惹かれたのは初めて購入したFenderのSonoranというモデルを発見したときです。

 

Sonoranはアコギでは珍しい配色のものをいくつも発売しており、青・緑・ピンクのものでまであるのです。これを知った私は弾いたときの音のことは全く知らない状態でしたが、すぐに欲しいと感じ購入に至りました。基本的にはこれまで、見た目というよりは音で楽器を購入していたのですが、このアコギだけは見た目の素晴らしさが私の中で群を抜いていました。

 

オススメポイント言うまでもなくステージで目立つことができるという点です。ただ、目立つと言ってもものすごく派手に目立つわけではなく優しく目立つことができるギターだと私は感じています。所持しているだけでこのギターの話から会話が膨らんでいき、仲良くなることができたりと幅を広げることもできました。私にとってこんなに嬉しいことはありませんでしたので、今でも愛用のギターとなっています。そして、これからも一緒に成長していけるギターだと感じています。

私は中学の頃、バンドをやっていて、その頃はエレキギターを買って弾いていました。その頃は友達と一緒にギターを弾いていてかなり楽しかったのですが、大人になったらなかなかギターを弾かなくなってしまいました。学生の頃はフェンダーのストラトキャスターを買って弾いていました。私はエリッククラプトンが大好きなので、彼が弾いているギターと同じギターを弾きたいと思っていたのです。

 

それで、ギターとは縁遠い生活をしていたのですが、エリッククラプトンがMTVのアンプラグドでガットギターやマーティンのフォークギターで演奏しているのを見て、ギターが欲しくなりました。そこで、YAMAHAのガットギターを買うことにしました。フォークギターは指先が痛くなるので、ガットギターにしたのです。エリッククラプトンがひくSigneという曲でクラプトンがガットギターで演奏しているのを見て、ガットギターが欲しいと思ったのです。本当はマーティンのD28が欲しかったのですが、価格が高くて手が出ませんでした。そこで、5万円くらいのYAMAHAのガットギターを買うことにして、久しぶりにギターを弾いて、すごく懐かしくて、徐々に昔の演奏を思い出しました。